現場探訪記私たちについて
HOME > 私たちについて > 現場探訪記 > 基礎工事完了

住まい工房池澤の現場探訪記

基礎工事完了

水平の誤差もほとんどなく仕上がっています。

基礎工事屋さんの腕の良し悪しは、基礎の立ち上がり部分の水平度、角の直角精度、私の家のように長さがある場合は、真っ直ぐに基礎が打てているかで分かります。

それと基礎表面のジャンカ(気泡のような穴)の少なさも大事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのジャンカを減らすために、コンクリート打設後に表面にプレートを付けた振動する工具(バイブレーション)を入れていくことで美しく仕上がります。

このようなひと手間が良い家づくりには大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

現場探訪記 一覧