haruka佐々木 陽香  設計
(平成19年新卒採用で入社)

就活中に住まい工房のホームページを見て、楽しそうな会社だと思ったので、ここだ!と思いすぐに電話しました。

実際に働いてみて、思ったとおりアットホームで柔らかい会社。イベント事の多さにはびっくりしました。

これは、お客様の思い出に残るなあと思いました。今も初心を忘れず、イベント事には参加しています。

お客様ご夫婦に、❝佐々木さんが好きで住まい工房に決めました❞と聞いて、嬉しくて涙がでました。お客様と心通じ合う関係を築ける仕事を誇りに感じてます。

家づくりへの思いはご家族それぞれですが、それぞれのご家族のベストを一緒に発見し、伝え、家へと形にできるよう心がけております。

責任が重く、大変なこともありますが、色々なアドバイスくれる、をきさくなスタッフと共に毎日、充実を感じています。

kyoko松田 恭子  広報 インテリアコーディネーター
(平成16年中途採用で入社)

以前はハウスメーカーで営業補佐、輸入住宅の会社でインテリアコーディネーターを経て住まい工房へ就職しました。

住まい工房で、社長の理念を聞けば聞くほど、いい会社に就職したなあと感じました。住む方の健康と地球環境に負荷をかけない家づくりを心がけ、県産の木材を使用し、海外からの輸入するコストや石油の消費を抑え、自然素材を使い、シックハウスにならない家づくりにこだわっていたからです。ハウスメーカーで鉄骨の家や、輸入住宅で2×4の家つくりをしていた私にとっては目からうろこでした。

今では、自然素材で作る家づくりがブームのようになってきていますが、人と地球にやさしい家づくりを本気で考えて家を作っているって当時は画期的でした!

入社して、インテリアコーディネート以外にも広報などいろんなことをいろいろ経験させてもらっています。家づくりではデザイン性や使いやすさ、お客様の性格や生活スタイルなど、すべてを考慮して、ベストを選んでいく連続ですが、お客様や仲間のスタッフと思いを共有できているときはとても楽しくやりがいを感じる瞬間です。

これからも、お客様の思いを深くくみとり、調和したかっこいい家をつくって、お客様に喜んでいただきたいです。